健康のためにサーバーを利用している人が多くなってきていると耳にしたりしますが、まさか利用しているだけではありませんよね?
普段からよくウォーターサーバーを利用するのは非常に良い事ではあるのだけれども、忘れてはいけないのがお手入れなのです。
サーバーは常にお水を使うものですから蛇口や受け皿のお手入れをしっかりしなければ、その部分に菌が付着してしまい不衛生になってしまいます。
せっかく健康に気を遣って利用しているものですから、ウォーターサーバーのお手入れには力を入れて常に清潔感を保つようにするべきです。
蛇口は常に濡れている状態ですしホコリなどの小さな汚れもたまりやすい場所なので、特に注意する必要があります。
湿気をそのままにしてしまいますと、そこからカビが発生してしまう可能性もありますから、蛇口のお手入れは定期的に行う必要がありますね。


どうやってウォーターサーバーのお手入れをする?/h3>
カビなどの菌が付着してしまったら大変なことになってしまいますので、必ずこまめにお手入れすることが必須です。
だけど、どんなふうにお手入れをするべきなのか詳しくご存知ない人もいると思いますが、お手入れで必要になるのはアルコールを含ませた布なのです。
通常ウォーターサーバーのお手入れをする際には、アルコールを含ませた布を使って蛇口を丁寧に拭いていきます。
素早くというよりはしっかり汚れを拭い去るようにゆっくりと拭うようにすることがポイントです。
蛇口の中のお手入れは綿棒にアルコールを染み込ませてそっとふき取るようにするのが良いと言われていますから、ぜひ試してみて下さい。
直接お水が触れる場所ですから、1週間に一度くらいは掃除した方が無難かもしれませんが、2週間でも良さそうです。
ただし、梅雨の時期は湿気が多くなりますので出来るだけこまめにウォーターサーバーのお手入れをした方がベストだと言えるでしょう。


汚れがひどい時はどうする?

アルコールを含ませた布を使って丁寧に拭いても汚れが酷くて取れない場合は、中性洗剤を使ってみて下さい。
蛇口はそんなに汚れることはないと思うのですが、受け皿は汚れやすいので汚れが落としにくい事もあります。
そんな時はウォーターサーバーから一度取り外してしまって、中性洗剤を使ってふき取るようにすることできれいにすることが出来ますのでおすすめ。
また、サーバーの外面についてですが、こちらも定期的に拭くようにしてホコリなどがついてしまわぬようにすることが大事です。
あまり関係ないと思われがちな外面だけれども、サーバーの外面が汚れてしまっているだけで小さな菌が浮遊して蛇口や受け皿に付着してしまう事も考えられますので、外面も綺麗に保つようにしましょう!