ウォーターサーバーのサービスは家庭や小規模オフィスなどで多く利用されていたのですが、最近は一人暮らしをする人も増えてきたため、一人暮らしをしている人が利用しやすいウォーターサーバーが増加してきたそうです。


ウォーターサーバーの温水機能がないものも

一人で生活をしていると、常に温水を利用しないという人も多いということから、冷水と常温のみのウォーターサーバーもあるそうです。冷水を利用する場合には電源を利用しなくてはなりませんが、常温だけでいいという場合には電力も必要としないため、電気代などを気にせずに美味しい水を楽しめるという理由で、人気が高くなっているそうです。


水ボトルの変化も

四人家族が一か月に利用するということを前提にしていた以前の12リットルボトルでは余ってしまうというのも、一人暮らしや、利用量の少ない人にとっては悩みとなっていたそうです。そこで開発されたのが半分程度のサイズの水ボトルで、7リットルや6リットルで使い切れるものです。これなら水をあまり飲まないという家庭や一人暮らしでも、余りませんし、使い切るまでに多くの時間を費やすことがないため、新鮮な水を楽しめますよね。また交換の負担も小さいことも魅力なのだそうです。