家庭で利用することをメインに考えられたウォーターサーバーの普及が拡大しています。今までよりもデザインがスタイリッシュになり、自室で利用しても雰囲気を壊さない、水ボトルも小さめのサイズのボトルの販売が開始されるなど、便利なウォーターサーバーですが、利用にあたって何にいくらかかるのかを知っていますか?


毎月かかる水の料金

まずはウォーターサーバーを利用するうえで絶対に購入が必要なお水です。多くの会社では12Lボトルを2本、定期的に配送を行っています。水代は1200円程度から、RO水などの安いものであれば1000円程度で購入できる会社もあります。2500円くらいがお水にかかると思いましょう。また配送料金やサーバーのレンタル費用は場合によって異なります。配送料無料の地域で、サーバーのレンタル費用のかからない¥ものを借りていれば、毎月、契約することでかかるのは、2500円程度ということになります。


電気代も安くなっています

現在、エコモードを搭載している省エネサーバーの開発が進んでいます。今まで月に1000円程度は電気代がかかってしまうと言われていましたが、エコモードを搭載しているサーバーを利用すると、最大で3分の1まで電気代を節約できる場合もあるそうです。利用しない時間帯の電源をスリープさせることで電気代を削減します。サーバーを選ぶときはエコモードなどが利用できるのかを確認しましょう。