ウォーターサーバーに一人暮らし用サーバーがある

ウォーターサーバーのサービスは家庭や小規模オフィスなどで多く利用されていたのですが、最近は一人暮らしをする人も増えてきたため、一人暮らしをしている人が利用しやすいウォーターサーバーが増加してきたそうです。


ウォーターサーバーの温水機能がないものも

一人で生活をしていると、常に温水を利用しないという人も多いということから、冷水と常温のみのウォーターサーバーもあるそうです。冷水を利用する場合には電源を利用しなくてはなりませんが、常温だけでいいという場合には電力も必要としないため、電気代などを気にせずに美味しい水を楽しめるという理由で、人気が高くなっているそうです。


水ボトルの変化も

四人家族が一か月に利用するということを前提にしていた以前の12リットルボトルでは余ってしまうというのも、一人暮らしや、利用量の少ない人にとっては悩みとなっていたそうです。そこで開発されたのが半分程度のサイズの水ボトルで、7リットルや6リットルで使い切れるものです。これなら水をあまり飲まないという家庭や一人暮らしでも、余りませんし、使い切るまでに多くの時間を費やすことがないため、新鮮な水を楽しめますよね。また交換の負担も小さいことも魅力なのだそうです。

ウォ―ターサーバーの水の選び方

いつでも水が飲める便利なウォ―ターサーバーですが、最初に利用する時にどんな水を選べば良いか困る事があります。そんな時は水に対しての基本的知識を身に付け、ご家族の目的により相談して決められると良いと思います。


水の種類とその特徴について

ウォ―ターサーバーで使用する水は大きく、RO水と天然水の二種類があります。RO水はろ過フィルターで不純物を極力取り除いた水です。水自体にナチュラルさがない為、必要に応じミネラル成分を加えた物もあります。癖のない飲み易さで安全性の高い水です。それに対して天然水は、ミネラル成分が多く味わいのある水です。採取地によってその特徴や味わいに違いがあります。水の種類はたくさんありますので、お試しで味わうと良いでしょう。


目的による水の選び方

お家でウォ―ターサーバーを使用する目的は色々ですが、注意する点があります。例えば赤ちゃんのミルク用の場合は、ミネラルの少ないRO水がお勧めです。ミネラル成分が多い天然水ですと赤ちゃんの内臓に負担をかける場合があります。逆にダイエット目的の場合は、腸に天然水の成分が刺激を与えるため排泄作用があり、これに運動を組み合わせると効果的です。天然水の中にも軟水でおなかに優しい水もあります。水の成分についてきちんと確認しましょう。

ウォーターサーバーの魅力

今や日本のみならず世界中どこに行っても、ペットボトルの水を購入して飲む時代です。このような時代のニーズに応えて登場したのが、ウォーターサーバーであり利便性を追求しているだけあって魅力的です。色々なニーズに応じた水質が得られ、徹底した衛生管理で飲用としての安全が保障され、料金体系も単価でペットボトル購入と遜色がなく、必要に応じてウォーターサーバーボトルを業者が配達してくれるので労力が省けるなど、沢山の魅力ポイントがあります。


<夏は冷水、冬は温水>

夏のうだるような暑さの中、外出からの帰宅すると同時に冷水を飲むうまさは、何物にも代えがたい美味しさが身体全体に浸み込む感じです。真冬の凍るような寒さに震えながら帰宅して直ぐ、温かいミネラルウオーターを飲む心地よさは至福の思いが身体全体に行き渡ります。これらの心地よい感触を与えてくれるのがウォーターサーバーであり、水の質も自由に選べるのも嬉しい限りです。


<初期費用ゼロは有り難い>

ウォーターサーバーの設置費用はゼロで、衛生的で自分の好みに合った水が得られるのは、有り難い話です。水を飲むだけでなく、癖のない水で沸かしたドリップコーヒーや湯割りの麦焼酎、極上の味が楽しめます。赤ちゃんから大人まで健康的な飲用、美肌づくりに貢献するウォーターサーバーから得られる水は、家庭の人気者になります。

ウォーターサーバーの人気ランキングサイト
>>>>ウォーターサーバーなび(http://www.ffd1.com/)

ウォーターサーバーで使われる水の安全性

ウォーターサーバーを利用する一番の理由としてあげられるのは安全性の高い水が飲めるということです。
しかし、実際に利用をしていない人や興味のない方にはどこがどう安全なのかを伝えることは難しいかもしれません。そこでウォーターサーバーで使われている水について具体的な説明をしていきましょう。


ウォーターサーバーで利用する水

まずウォーターサーバーで使われる水は、基本的に放射能汚染の影響のない地下水を使用しています。
そのため昨今多くの家庭、特にお子様のいる家庭で心配されている放射性物質の心配はほとんどないのですが、その上でさらに放射性物質が残存していないかという水質検査やその他の項目でも衛生検査が幾度となく実施されているのです。
ウォーターサーバーの水を取り扱う会社ではこうした検査の結果をホームページ上に表示していることも多いので、利用しようと思っている会社のホームページをチェックすることでより納得いくはずです。


安全性を確かめる

他にも実際に利用前に水を飲む事の出来る試飲会を行っている会社もあります。実際に水を飲んで味を確認できるので納得して利用開始することが出来る事でしょう。
またウォーターサーバーで使われている多くの水が乳幼児に飲ませても大丈夫な軟水であることからも、その安全性が窺えるはずです。
このようにウォーターサーバーで使われている水は徹底した管理の元、安全だと確認された水であるので飲料水に気を遣いたい場合にはおすすめなのです。

天然水から選ぶウォーターサーバー

ウォーターサーバーには天然水とRO水という逆ろ過水の2つのお水があります。天然水のほうが自然のミネラルを含んでいること、ミネラルを壊さないために非加熱で水を殺菌処理していることなどの理由があり、少しだけ値段が高くなっています。しかし天然水にしかないミネラルの健康効果があります。


成人病を予防するバナジウム

バナジウムは、富士山麓付近で採水できるミネラルウォーターに含まれているミネラルです。この付近では血糖値が原因となる病気になる人は少ないという統計が出ているそうです。バナジウムには血糖値を下げる効果があると言われています。あまり血糖値を下げすぎてしまえば貧血を起こしてしまいますが、お水を飲んで補給するのであれば倒れてしまうようなことはありません。また、マグネシウムなど、摂取しすぎると毒になると言われていますが、ウォーターサーバーの天然水に含まれるお水で、毒になる料を摂取することはまず、無理だと考えられています。


有機ゲルマニウムには免疫を高める効果が

九州などで採水できる天然水には、免疫効果を高める、鎮静作用のある有機ゲルマニウムが含まれています。有機ゲルマニウムの鎮静作用は、ガンの治療などでも注目されている物質です。ウォーターサーバーを上手に活用して、自然の恵みから健康を見直してみませんか?